移乗用低床リフト導入

今年の7月より施設に移乗用の低床リフトが合計4台導入されました(^’^)

これまで膝を伸ばすことが困難になり、立位保持が難しくなっている
入居者の方に対し、トイレや車椅子への移乗時にスタッフ二人で介助し、
気を遣われることや、介助で身体を持ち上げることなど
お互いに身体的にも精神的にも負担になっていました。

リフトを導入することでそれらが解消され、入居者の方にとっては立位が
取りやすくなり、スタッフにとっても腰痛予防・腰痛対策になっています。
技術の進化ってすごいですね(^O^)

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク